不動産売却のプロ!名古屋の優良企業を徹底リサーチしました。

不動産売却パーフェクトナビ【名古屋版】 » 【テーマ別】名古屋の不動産売却事例 » 土地編

土地編

名古屋で土地の売却に成功した人の体験談をまとめています。 土地の良し悪しは素人には判断しづらく、不動産貸家の目利きやアドバイスが不可欠です。 売りにくい土地が売れた場合の成功例や、節税にもつながる土地の売却体験についてご紹介していますので、これから土地を売却したいと考えている方や、うまく土地を生かせていないと感じている方は参考にしてみてください。

売却事例1 - 共有持ち分の土地

エリア 名古屋市南区
売却価格 1,600万円
査定価格 1,500万円
売却の経緯 相続で古い家を手に入れたのですが、使い道がなく処分することもできずに難儀していました。建物を潰して土地を売ろうにも、細い路地の突き当りにある再建築不可物件で、しかも土地に行くまでの路地を隣家と共有しているというややこしい前提があり、複数の不動産会社からも匙を投げられてしまうという有り様。 しかし、最後に相談した不動産会社は、市役所に再建築が可能となる条件を確認に行き、路地を共有している隣家から同意をもらうことで建築許可をもらってくれました。 測量士も入れて隣家から同意を得るなど、きめ細かく対応してくれたことが印象に残っています おかげで、建物を壊して建築可能な土地として売却することができ、現金化することができました。 あの不動産会社さんに出会わなければ、そのまま空き家となった建物を残したまま税金だけ払い続けていたかもしれないと思うと、感謝してもしきれません。
売却できるまでにかかった期間 1年間
成功のポイント いくつもの不動産会社に断られ続けても、あきらめずに対応してくれる業者を探したのがよかったのだと思います。土地の売却に関しては素人なので自分ではどうすることもできず、やはりプロの手助けは必要だと思いました。どれくらい探せばいい不動産会社に巡り合えるかどうかはわかりませんが、問題点を提示してしっかり相談していくことは大事だと感じました。

売却事例2 - 造成・擁壁工事が必要な土地

エリア 名古屋市緑区
売却価格 1,780万円
査定価格 1,700万円
売却の経緯 父が所有していながらも数十年放置していた土地があり、固定資産税だけ支払い続けることがばかばかしくなり、私が売却のために調査を始めました。 しかし調べてみると、その土地を活用するためには造成や擁壁工事などが必要ということが判明し、売却するのはそう簡単ではないということがわかりました。 また、売却するための造成や擁壁工事などにかかる費用もバカにならないため、売却価格は希望よりも低くなるだろうとのことでした。 正直、売却できる価格よりも、税金などにかかる費用のほうが気になっていて、できるだけ早く手放すことの方が重要だったため、不動産会社の言う条件で売り出しをお願いしました。 ただ、やはり工事が必要というのがネックになり、買い手がなかなか現れずに難航していました。 結局、仲介会社さんの粘り強い営業で売却することはできましたが、不動産売買の難しさを痛感した次第です。
売却できるまでにかかった期間 1年半程度
成功のポイント 最終的には査定価格よりも高い価格で売却することができ、手放すことに成功しましたが、これまで何十年も放置していたことを思うと、もっと早く手を打つべきだったと思います。 条件の悪い土地でも売ることのできる、宣伝力の高い不動産会社の協力も不可欠です。

売却事例3 - 暴力団事務所の隣にある土地

エリア 名古屋市中村区
売却価格 4,500万円
査定価格 4,000万円
売却の経緯 相続で手に入れた土地の売却を複数の不動産会社に相談しました。複数の不動産会社に掛け合ったのは、売却予定の土地の側に暴力団の事務所があったためです。 大手の不動産会社だと、そのような物件は扱いにくいと言われ仲介を断られてしまいました。最終的に地元の不動産会社に相談してみたところ、私自身が暴力団と関係なければ仲介は可能とのことで、ようやく話を進めてもらえるようになりました。 エリア的にはいい条件なのですが、立地が立地だけに売り出し価格を相場よりも低く設定しても売却するのに1年近く掛かりましたが、なんとか手放すことができました。 土地の売却には、建物の状態や設備などは関係ありませんが、立地の重要さを改めて感じました。パートナーとなって粘り強く対応してくれた不動産会社さんには感謝しています。
売却できるまでにかかった期間 1年程度
成功のポイント 土地を売却する場合には、どのエリアにあるか、周辺の環境はどうかという点が非常に気になるところなので、相場的にいい条件で広さがあっても周りの建物によっては売れにくい、価格が下がってしまうということを知りました。条件の悪さは変えられないので、妥協して価格を下げることも必要なのだと思います。

売却事例4 - 土地にかかる税金負担を軽くするために売却

エリア 名古屋市東区
売却価格 2,500万円
査定価格 2,200万円
売却の経緯 親族から相続した土地があるのですが、住んで通勤するには遠く、また新しい家を建てるような余裕もなかったので持て余し気味でした。でも、土地をそのままにしておいたら、思った以上の固定資産税がかかってきてびっくり。 調べたら土地の上に住居用の建物が建っていれば固定資産税が1/6に減額されるとのことでしたが、すぐに建物を建てることもできず、使用用途のないまま税金を支払い続けるのがもったいなくなり、いっそのこと売却した方がいいのではないかと思い、不動産会社に相談してみました。 すると、立地条件も悪くなく、広さも十分あるのですぐに買い手がつくと言われ売却を決意。 相場価格も調べてもらい、売却価格を少し高めに設定したところ、無事に買い手が付き売却できました。 ただ、土地を売却することによって得た利益にも税金がかかってきましたが、売却して得たお金で賄えるものでしたし、毎年固定資産税を払い続けるよりは全然いいと思います。 土地も必要な人に有効に利用される方が無駄がなくていいので一安心です。
売却できるまでにかかった期間 半年程度
成功のポイント 使用用途のない土地は、必要な人に購入してもらって生かしてもらうのが一番だと思います。 不動産は大切な財産ではありますが、持っているだけで税金が発生するのがやっかいなところ。そういった事情も不動産屋さんに話してなるべく早く売却するか、高値で売却するかという相談に乗ってもらえれば、希望が通りやすくなると思います。

売却事例5 - 土地をスピーディに売るには複数の不動産会社に相談

エリア 名古屋市守山区
売却価格 1,550万円
査定価格 1,500万円
売却の経緯 譲り受けた土地の売却をする際、とりあえずネットで相場を検索したり、一括サイトで査定したりしていましたがいまいち価格が計り切れず、直接不動産会社に相談することにしました。 しかし、ネットで調べた価格よりも低い査定をされ納得がいかず、複数の不動産会社を回ることに。 その中でも、親身になって相談に乗ってくれる業者や、高い値を付けてくれる業者をいくつか選んで売却を依頼しました。 不動産会社にも種類があり、戸建てに強いところやマンションに詳しいところ、土地の売買に長けているところなど得意とする点が異なり、土地を売りたい場合にはマンション専門の業者に行っても無駄だということに初めて気づきました。 何社も業者をめぐるのは手間も時間もかかりますが、そのおかげでもっとも高値を付けてくれた不動産会社で早々に購入希望者が現れ、無事に希望価格で売ることができました。 不動産売買に慣れていないと、どの不動産会社がいいかわかりかねて時間を無駄にしてしまうことにもなりかねません。買い取り業者の検討も含めて、自分で足を運んだ結果なので、満足しています。
売却できるまでにかかった期間 半年間程度
成功のポイント 不動産の売買をうまくいかせるには、不動産会社の選び方がもっとも重要だと思います。 大手だからいいというわけでもなく、売りたい物件を得意とするような業者を見つけるのが近道です。手間のかかることですが、後悔しないためには不動産会社を選ぶことから始めるのがポイントです。
関連ページ

TOP

メインメニュー