HOME » 名古屋にある不動産売却会社の選び方3か条 » 2.地域密着型で小回りが利くか

2.地域密着型で小回りが利くか

不動産売却をサポートしてくれる、名古屋の会社選びを紹介。2つ目のポイントは地域密着型事業についてです。

地域特性を熟知している会社を選ぶ

地域特性を熟知している会社を選ぶ不動産には、建物の魅力や周辺環境の魅力など、一つひとつの物件に個性があります。

さらに、取引方法にも地域特性が現われます。売却を依頼するなら、地元・名古屋に詳しい不動産売却会社が適当ですし、任せる方としても安心でしょう。

地元に詳しい不動産会社と言っても、人によっては名前の知れた大手企業に依頼した方が安心を感じるところもあります。

ですが、先ほど述べたように不動産には個性があります。メーカーが大量生産する工業製品のようにまったく同じものは1つとしてないわけですから、大手に依頼するメリットは実はあまりないと言えます。万が一、何らかのトラブルがあったとしても、公的な補償はどの業者も全国共通です。

むしろ地域密着型の不動産売却会社の方がメリットは多いです。そのエリア特性などの知識が豊富ですし、査定も適正価格がわかったうえで提示してくれます。

フレキシブルな対応ができるのも地元企業ならでは。できれば、最低でも10年以上、名古屋で不動産売却活動をしている会社で取引実績の豊富な業者を選ぶとよいでしょう。

早く、高く売れるノウハウなど、経験値でしか得られない販売力も大きなメリットとなります。

ノウハウ・販売力ともに兼ね備えた不動産売却会社BEST5

両直物件の実績が多い業者もポイント

両直物件とは、仲介業者を介さず直接売主から仕入れて買主に売る物件のこと。一般的には「買取りサービス」の物件にあたります。

それができるのは、地元の人に信頼されている証でもありますし、さまざまなネットワークを持っていることも意味します。

また、両直物件を多く取り扱っている業者に依頼するメリットとしては、次のようなことも挙げられます。

  • 他社に仲介依頼をしないため、仲介料が無料になるところが多い
  • 業者も早く売ろうと売却活動に力を入れるから、速やかに売却できる

買取りサービスもやっている、もし仲介で売れなかったら買い取ってくれる…そんなサービスを提供する会社を選ぶことも、より早く不動産売却を進めるポイントになります。