不動産売却のプロ!名古屋の優良企業を徹底リサーチしました。

不動産売却パーフェクトナビ【名古屋版】 » 名古屋にある不動産売却会社の選び方3か条 » 【特集】大手と地域密着型仲介との違いとは?

【特集】大手と地域密着型仲介との違いとは?

不動産売却において、大手仲介会社と地域密着型の仲介会社との間にどのような違いがあるのか、それぞれの特徴を掘り下げて解説します。

大手仲介会社による不動産売却の特徴

大手仲介会社による不動産売却の特徴は、マニュアル化された均質なサービスです。

大手ならではの豊富な知見を元に、顧客の普遍的なニーズにきめ細かく対応できる体制を完備。体系化されたノウハウが共有されているため、各地に幅広く展開するどの支店でも、一定のサービス品質を期待することができます。

ただ、その反面、少々杓子定規な対応となってしまうという側面も。ノウハウが体系化されているから対応がよい、というのは事実ですが、そうしたマニュアルから外れる部分では、スタッフの技量に大きなバラつきがある、ということも少なくありません。

また、営業マンには厳しいノルマが課されていることがほとんどで、顧客の希望(例えば売却額)よりも契約を優先する、といった事例も散見されます。例えば大手は幅広い価格帯の物件を多く抱えていますが、基本的には良く売れる物件を優先し、売買の横流しを行う、といった傾向があります。

地域密着型の仲介会社による不動産売却の特徴

地域密着型の仲介会社による不動産売却の特徴は、利用者1人ひとりに向き合ったオーダーメイドの対応です。大手のように売りやすい物件に偏ることなく、あらゆる物件をカバー。コンサルティングを重視した、顧客目線のサービスを期待することができます。

ただ、規模の小さい会社は広告に力を入れているところが少ないため、探すのが大変というのがデメリット。地域に根差した地道な営業活動で業務を請け負っている分、顧客満足度の高い対応が期待できる可能性は高いですが、業者をしっかり見極めなければなりません。

ウェブに口コミ評判などが掲載されていることも少ないため、無料相談などを活用して、自身で対応力をチェックする必要があります。

不動産売却は、頼る業者によって売却額が大きく上下します。短期間でお金を手にしたいというケースもあるかと思いますが、なるべくなら、ある程度手間や時間を掛けてでも仲介業者の実力を吟味されることをおすすめします。

関連ページ

TOP

メインメニュー