不動産売却のプロ!名古屋の優良企業を徹底リサーチしました。

不動産売却パーフェクトナビ【名古屋版】 » 家・土地を売却する人が知っておきたいこと » 住み替えをする時に知っておくべき基礎知識

住み替えをする時に知っておくべき基礎知識

こちらのページでは、住み替えをする前に知っておきたい基本的な知識についてご紹介しています。名古屋で不動産売却を考えている方や、住宅の買い替えを考えている方は、是非参考にしてください。

住み替えをする時の注意点

今よりいい家が手に入るか、冷静に考えよう

住宅の買い替えをするというと、どうしても、「新しい家に住める」という期待が大きくなりがちです。

ですが、不動産売却をしてしまう前に、一度立ち止まって、「本当に今よりもいい家が手に入るか」ということを考えてみてください。

不動産売却が成立してしまえば、もう元に住んでいた家には住むことができないので、住み替えをしてから元の家の方が良い環境だったと気づいても、後の祭りとなってしまいます。

住み替えしてから後悔しないためには、住宅の状態はもちろんのこと、周辺の環境、交通の便、街の様子などについても、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

万が一、住み替えた先の居心地が悪かった場合、再度住み替えをすることも可能です。

ですが、その場合、また新たに買い替える家を探す手間や時間、住宅を購入するための資金、引越し代金や初期費用がかかってしまうので、無駄なお金と時間を費やすことになります。

そのため、現在の住環境と住み替え先の住環境を、冷静になって細かく比較することはとても重要です。

持ち家で住宅ローンの残債がある場合

現在の持ち家に住宅ローンの残債がある場合、「住宅の買い替えなんて到底できない」と考える方はとても多いものです。

ですが、不動産売却によって得た資金で、住宅ローンを完済することも可能で、住み替えを行なう人のほとんどが、このような方法で住宅ローンを完済していると言われます。

ただし、売却金額が残債よりも低くなってしまった場合は、「二重ローン」や「住み替えローン」が利用可能です。

二重ローンについて

二重ローンとは、現在の住宅ローンを組みながら、買い替え先の不動産の住宅ローンを組むことです。

住宅ローンを二重で組むことになるので、同時に2つのローンを返済していくことになります。

二重ローンを組む時に気をつけたいことは、審査通過率が低くなることと、返済金額が大きくなることの2点です。

住み替えローンについて

住み替えローンとは、現在の住宅ローンの残債と、買い替え先の不動産の購入金額を合算して、1つのローンにするという方法です。

融資限度額は、新しく購入する不動産の担保価値の1.5倍から2倍までとなっています。

住み替えローンを組む時に気をつけたいことは、審査通過率が低くなることと、返済不能となった場合に、不動産売却だけでは返済しきれない可能性があるということです。

2つの住宅ローンを合算するということは、新しい不動産の価値以上の融資を受けるということ。

そのため、返済不能時の担保となる新しい不動産を売却しただけでは、全額の完済ができなくなる可能性があるので注意してください。

住み替えをするベストなタイミングとは?

住み替えをする時には、金銭的に損をしないように、適切なタイミングで住み替えをすることをおすすめします。

賃貸物件からの住み替えであれば、無駄な家賃が発生しないように、退去日と入居日を調節するようにしてください。

日割りの賃貸物件であれば問題ありませんが、月割りだった場合、1ヶ月分の家賃が二重で発生してしまう可能性もあるからです。

現在の持ち家からの買い替えであれば、持ち家と買い替える住宅の相場を見て、不動産売却に最適な時期を選ぶことが大切となります。

一般的に、不動産の価値は年々低下していくものですが、社会情勢や周辺の人口の変化によって不動産の価格は上下するので、不動産売却に適切なタイミングを見抜くことも大切です。

住み替え事例

名古屋市内のマンションからの住み替えの事例

名古屋市内にあるマンションの事例です。

この方は1年間ほどずっと不動産売却活動を行なっていましたが、一向に買い手が現れず、住み替えが実現しない状況でした。

そこで、周辺のマンションの売却事例を検証したところ、価格が少々高めに設定されていたので、マンションの売却価格を再設定。

築13年のマンションにも関わらず、室内がとても綺麗に使われていたことと、細部をリフォームしていたことが功を奏し、価格を変更してから約3ヶ月後に売却が成立し、住み替えを行なうこととなりました。

清須市内のマンションからの住み替えの事例

マンションから戸建てへの住み替えの事例です。

築20年が経過したマンションは、室内の劣化や汚れがかなり酷く、リフォームが必要となるほどの状況でした。

ですが、行なったリフォームは、室内のクリーニングとカビが発生したクロスを剥がすことだけで、それ以外の部分に関しては、内覧しに来た方にリフォームの説明を加えるという売却活動を実施。

販売開始から1ヶ月後、大幅なリフォームをすることなく売却が成立し、一戸建てへの住み替えが成功しました。

あま市内のマンションからの住み替えの事例

住宅ローンの残債があるマンションからの住み替えの事例です。

不動産買取も検討されていましたが、買取では住宅ローンの完済ができないため、買い替えを諦めようとしていたと言います。

ですが、金融機関に相談をしたところ、一時的な二重ローンの審査に通過し、住み替え先の一戸建てを購入。

その後、時間をかけて売却活動を行い、無事に残債以上の金額での不動産売却が成立しました。

名古屋市内のマンションからの住み替えの事例

6年前に購入した分譲マンションからの住み替えの事例です。

名古屋市内の瑞穂区にあるマンションを売却したいと考えていましたが、周辺のマンションの相場を調べてみると、6年前に購入した実際の金額よりもかなり高い相場となっていました。

そこで、周辺のマンションの相場に合わせて、少し高めの価格に設定したところ、6年前の購入時よりも高い金額でマンションを売却することに成功。

高額での不動産売却が行えたので、住み替えにかかる費用も余裕を持って捻出することができました。

名古屋市内のマンションからの住み替えの事例

住宅ローンの残債があるマンションからの住み替えの事例です。

住宅ローンが残っていたため、立地はあまり良くないものの、名古屋市内の不動産売却相場よりも高めに価格を設定する必要がありました。

ですが、マンションの室内はリフォームされていたため、すぐに販売が開始できるほどの美しさです。

そのことが功を奏し、売却活動開始から半年ほどかかりましたが、希望していた価格以上での売却が成立。

売却成立からすぐに住み替え先を見つけることもでき、住み替えに成功しました。

名古屋市内のマンションからの住み替えの事例

名古屋市内のマンションから、短期間で住み替えを行なった事例です。

マンションから県営住宅への住み替えでしたが、県営住宅は抽選制で、申込みには締切りが設定されていたため、3日間でマンションを売却しなければなりませんでした。

通常の不動産売却を3日間で成約させることは困難なので、迅速さを重視して、不動産買取を利用。

無事に、3日以内に不動産売却を完了させ、希望されていた県営住宅への住み替えにも成功しました。

関連ページ

TOP

メインメニュー