不動産売却のプロ!名古屋の優良企業を徹底リサーチしました。

不動産売却パーフェクトナビ【名古屋版】 » 家・土地を売却する人が知っておきたいこと » 売却方法の種類

売却方法の種類

ひと口に家を売却すると言っても、その方法は2つあります。1つは、不動産会社に売却を仲介してもらう形。そしてもう1つは、不動産会社か、不動産の買取を専門に行う業者に、直接買取をしてもらうという形です。

一般に不動産売却=仲介というニュアンスで使われていますが、場合によっては買取という選択肢の方が売り手の希望に適うこともあります。以下にそれぞれの違いをまとめていますので、家を手放そうと検討している人は、ぜひ目を通して見てください。

仲介で家を売却する場合

仲介で家を売却する場合、まず不動産会社に査定を依頼し、そこからその会社が持つネットワーク(広告媒体や取引先等)を使って買い手を探してもらうという形になります。

依頼した1社に専任で買い手を探してもらう専属専任媒介契約。依頼した1社に専任で買い手を探してもらい、かつ自分でも買い手を探せる専任媒介契約。複数社に同時に買い手を探してもらう一般媒介契約、という3つのパターンがあり、どういった条件を希望するかによって最適な選択肢は変わってきます。

一般的に、家を手放すまでに時間的な余裕がある人(売却額を重視したい人)は一般媒介契約、短期間でお金を手に入れたい人は、専属専任媒介契約か専任媒介契約を選択する傾向があります。

買取で家を売却する場合

買取で家を売却する場合、買取を請け負っている不動産会社か、不動産の買取を専門的に行っている業者に査定を依頼し、直接買取ってもらうことになります。

業者によっては、依頼即日で現金化できるため、何らかの事業で早急に家を手放し、お金を得たいという人に向いたサービスと言えます。

仲介の場合は手数料が発生しますが、買取の場合は直接取引となるため、そうした費用は発生しません。ただ、得られる金額が仲介より多くなるかというと、そうとは限らないので要注意。

一般に、買取時の家の査定額は、仲介の査定よりも低くなる傾向があります。仲介の場合、専任媒介契約を結ぶために、不動産会社が査定額に色をつけているというケースもありますが、そうした事情を差し引いても、売却額は仲介の方が高くなることが多いでしょう。

あくまで傾向の話ですが、スピード重視なら買取、金額重視なら仲介による売却を選んだ方が無難と言えます。

関連ページ

TOP

メインメニュー