少しでも高く売るには

後悔しない不動産売却についてまとめたサイトです。家を高く売るには、何をそうすればよいか伝授します。

家を高く売るには?答えは第一印象

少しでも家を高く売るには、購入希望者に「この家(土地)で暮らしたい」と思わせることが重要です。オープンハウスなど希望者が訪問する際には、事前に掃除や整理整頓をして、明るく清潔な環境で迎えましょう。

また、希望者がその物件を購入するか否かは、「第一印象で決まる」といっても過言ではありません。

一般的にオープンハウスは15分から30分、長くても1時間ほどで終わります。この短い時間で数千万円の取引がかかっているわけですから、大切なお客様が訪れるときのようにお迎えしたいですよね。

家を高く売るための部屋別チェックリスト

さて、購入希望者は住まいのどういったところに目をつけるのでしょうか。家を高く売るためのポイントを部屋別にまとめましたので、参考までにしていただけますと幸いです。

キッチン コンロやシンクなどはきれいに磨き上げましょう。ニオイや生ゴミ・ゴミ箱にも注意して。
浴室・洗面 カビや水アカなどしっかり落として、念入りに清掃を。見学時は乾いた状態にしておきましょう。
トイレ 気になるニオイは芳香剤などで消去。床のホコリや手洗いの水アカなどもキレイにしておきます。
リビング・ダイニング モノが多い部屋は整理整頓して、できるだけ部屋を広く見せるようにします。
寝室・子ども部屋 布団は収納しておきましょう。落ち着いた雰囲気を感じさせるため、リネン類の色を統一するのも一手。
玄関 靴や傘はきちんと収納。ホコリや泥などが目立たないよう、三和土(たたき)は水拭きしましょう。
ベランダ・バルコニー 洗濯物を取り込んで、ゴミなどを置かないこと。床面は掃き掃除をしておきます。
窓ガラス ガラスや網戸は拭き掃除を。網戸が破れていたら補修しておきましょう。
収納 収納は女性が重視するポイントの1つです。内部を見られることもありますので、きちんと整理しておきましょう。
外壁 壁にヒビが入っていたら補修しておきます。
その他 換気口が詰まりや汚れ、雨どいが落ち葉などで詰まっていないかなどもチェックしておきましょう。

いかがですか?家を高く売るには、周到な準備をして購入者の興味をそそることが大切ですよ。

売主の対応もポイントに

オープンハウスでは、購入希望者がさまざまな質問をしてきます。設備や間取り、収納など基本情報のほか、「日当たりや風通しはよいか」「学校や保育園など教育環境はどうか」「近隣にはどんな人が住んでいるのか」などの質問に答えられるよう、あらかじめ回答を用意しておきます。

答えを詰まらせたり、あいまいな返答をすると「何かあるな」と疑念を持たれてしまい、購入意欲を損ねることも。マイナスの情報でも、きちんと答えたほうがベストですよ。

また、積極的にアピールし過ぎると「押し売り」だと思われる場合もあります。事前に、売却業者の担当者と打ち合わせして、購入希望者の情報を仕入れておくのも大切です。