不動産売却のプロ!名古屋の優良企業を徹底リサーチしました。

不動産売却パーフェクトナビ【名古屋版】 » 戸建ての売却で知っておくべきこと

戸建ての売却で知っておくべきこと

戸建ての不動産を売却する際に発生する注意事項や気になる税金など、網羅的に情報を調査いたしました。戸建ての売却は土地とセットになることも多いうえ、高値で売るには家の状態を維持することも必要になるので、売却するタイミングは慎重に見極めるようにしましょう。

また、特に税金にまつわる問題が多いので、どんな税金が発生するのか、節税対策はどうすればいいか、確定申告についてなども詳しくご説明しています。

戸建て不動産を持っているけれど持て余してしまうという人は、ぜひ関連ページもご参照ください。

戸建て売却のポイント

戸建て不動産を売却する手順は、他の不動産売却と大きく変わることはないと言えます。

ただ、マンションの一室を売るのとは違い、戸建てと一緒に土地を売却することになるため、家の状態だけでなく土地に関する測量や境界線などの書類、建築にまつわる検査済証などもあるといいでしょう。

また、長らく空き家となっていた場合は家の劣化も進んでしまいますので、高値で売れにくくなるなどのデメリットもあります。

空き家のまま放置しておくのはいろいろなリスクが生じますので、劣化する前に売るためにも、利用しない戸建ては早めに売却したほうがいいでしょう。

そして、戸建てならではの売却にまつわる税金や、軽減措置などもありますので、売却する際には価格だけでなく税制についても把握しておく必要があります。

戸建てを売却する際には、複数の業者に査定してもらったりして実際に仲介を依頼する不動産会社を決定していくことになりますが、パートナーとなる不動産会社は戸建て不動産の売買実績が豊富であることや、税金などについても相談できる信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

戸建ての売却の税金について

戸建てを売却する際にも、他の不動産売買と同様に税金が発生します。

売却するなら必ず発生するものと、売却金額によっては発生しないものもありますし、条件によっては税率も変動しますので、いくらで売れそうか判明したら、納付するべき税金額についても把握しておいたほうがいいでしょう。

戸建てを売却する場合に発生する可能性のある税金は、大きく分けて印紙税・登録免許税・譲渡所得税・住民税になります。

印紙税

売却の際に必ず発生するもので、売買契約にかかる税金です。ただし、売買契約書の原本を1通しか作成せず、その原本を買主が保管する場合には売主には納税義務は発生しません。印紙税率は不動産の売却金額によって変動します。

登録免許税

登録免許税は、不動産を売却する時の所有権の移転登記申請に必要なもので、必ず発生する税金です。

登録免許税の基本的な求め方は、建物の課税標準に2%の税率をかけた金額になります。

譲渡所得税・住民税

譲渡所得税とは、不動産を売却したことによって利益が出た場合にも発生する税金です。 利益が出たかどうかは、不動産の売却金額が取得するためにかかった金額と売却するためにかかった金額の合計より高いかどうかで判断します。

譲渡所得税の税率は、所有期間が5年以上なら所得税15%、住民税5%ですが、5年以内の場合は所得税30%、住民税9%になります。

戸建て不動産売却の際の税金の種類

戸建て不動産を売却する場合には、必ず発生する税金と、場合によって発生する税金などいくつかの種類があります。売却金額や条件によっては高額な税金を納付しなければならないこともあります。

売却する際にはどんな税金が発生するのか、その種類や税金額の出し方など、具体例を交えて詳しくご紹介しています。

税金の納付時期はその種類によって変わりますので、後から納付するものは思わぬ高額を支払うことになって慌てないように、事前に金額を計算しておいて準備しておく必要があるでしょう。

納付方法や税金発生にまつわる注意事項などもまとめていますので、戸建て不動産を売却する前に、税金の種類やある程度の金額を把握しておくのに役立ててください。

戸建て不動産売却の際の税金の種類について詳しく見る>>

戸建て不動産売却時の節税方法

戸建て不動産を売却する場合、売却によって利益を得るとその分税金が加算されるシステムになっていますので、高値で売れたからといって喜んでばかりはいられません。

しかし、それぞれの税金には軽減措置や特別控除が受けられる場合もあるので、そういった制度をうまく利用すれば節税することも可能です。

また、売却する不動産の取得時にかかった費用や売却するために要した費用などは明確にして、正確な金額を割り出せるようにしておけば、過剰に税金がかかるのを防止できます。

ここでは、どういった費用が節約できるか、どういう控除や軽減措置が受けられるかなどを条件とあわせてご紹介しています。

控除や特例は制度を知らないと利用できないこともあるので、知識を増やすことが節税の第一歩です。

戸建て不動産売却時の節税方法について詳しく見る>>

戸建て不動産売却時の節税事例

戸建て不動産を売却した人の中には、うまく節税できた人もいれば、節税につながらなかった人もいます。

節税に成功する人とそうでない人の違いはどんなことでしょうか?

それぞれの事例を踏まえて、節税に成功するためのポイントと、失敗した場合の注意事項などを探っていきます。

不動産を売却する人にはいろいろなパターンがありますので、もしご自身に近い状況があるようでしたら、事例を参考にして対策を立ててみてください。

戸建て不動産売却時の節税事例について詳しく見る>>

戸建て不動産を売却した際の確定申告

戸建て不動産を売却した時には、税金が発生することもあるので、その場合には確定申告をする必要があります。

利益を得た場合には、それにかかる税金を正しく納付するために必要なことですので、確定申告を怠っていると納税できずに追徴課税が生じる可能性もあります。

こちらのページでは、確定申告に必要な書類や手続きの流れ、注意事項などを詳しくまとめています。

確定申告をしたことがないと難しく思われるかもしれませんが、早めに準備をして書類をそろえ、指示を受けながら行えばそれほど困難なことはないでしょう。

また、不動産の売却によって利益が出なかった場合の確定申告についても触れていますので、利益が出た人も出なかった人も確認してみてください。

戸建て不動産を売却した際の確定申告について詳しく見る>>

戸建ての売却相談ができる不動産会社

積和不動産中部

名古屋を中心に東海や北陸地方で不動産売買を手掛ける総合不動産会社です。

積水ハウスのグループ会社ですが、他のメーカーの一戸建ての売却にも強く、店舗数の多さから情報を入手しやすいというメリットもあります。

仲介以外にも不動産買取制度があるため、古くてなかなか売れないような戸建てでもお金に換えることができます。

戸建て不動産の売却実績も豊富なので、一度相談してみるといいでしょう。

千代田不動産

愛知県に本社があり、古くから地位密着型で営業を続けている老舗の不動産会社です。

戸建て、マンション、土地などすべての不動産が対応可能ですが、特に名古屋市の一戸建ての売却実績が確かなものであり、戸建てを売却するなら信頼できて任せられる業者であることがわかります。

また、コンサルタント技能士やFP、宅建取引取扱者による無料の相談会も開催されています。戸建て売却にまつわる税金や節税の相談にも乗ってもらえるので、事前の準備も確実にできるでしょう。

東急リバブル

名古屋市内だけでも複数の支社を持つ大手の不動産会社です。

必要に応じて、測量士や土地家屋調査士などの専門家を紹介してもらえるので、戸建てや土地の査定も正確に行えるようになります。

また、売却後に発覚した瑕疵があった場合でも、補修費用を負担してもらえる保証制度などもあり、売主に対するサービスが手厚いので、戸建てが売れた後の不安も解消してくれる心強いパートナーとなるでしょう。

関連ページ

TOP

メインメニュー