不動産売却のプロ!名古屋の優良企業を徹底リサーチしました。

不動産売却パーフェクトナビ【名古屋版】 » 不動産売却会社カタログ@名古屋(50音順) » 三交不動産

三交不動産

東海地方(名古屋が中心)で不動産売却事業を展開する三交不動産について調査。特徴や売却事例も紹介しています。

三交不動産の特徴

三交不動産の公式ページキャプチャ

引用元:三交不動産
(http://re.sanco.co.jp/)

三重交通グループの子会社で、名古屋市をはじめ愛知県・三重県に11の営業所がある三交不動産。

地元企業ならではの豊富な情報量とフレキシブルな対応で不動産売却を手伝ってくれる会社です。戸建て、マンション、土地いずれも多くの実績があることも特徴です。

売却形態は、一般仲介、買取サービス、売却保証制度と3通りのプランを用意。一般仲介の査定は無料。11営業所のネットワークほか広く公示されるため、市場相場もしくはそれ以上の価格で売却できる可能性があります。

売却に関する強み

前述のとおり、三交不動産は買取サービスも請け負っています。買い手を見つけなければならない仲介と違い、直接買取であればスピーディな現金化が可能。ローン特約や仲介手数料なども一切ありません。現金で支払われるため、資金計画・引越計画に余裕が生まれます。不特定多数の方に紹介しないため、内密での売却が可能、というのも注目したいポイントです。

この買取サービスを活かし、売却保証システムを用意しているのも特徴的。売却保証システムはあらかじめ売却時期と売却価格を確定し、一定期間売れなかったら、三交不動産が買取を行うという制度です。

不動産売却事例

口コミ・評判

会社概要

会社名 三交不動産株式会社
所在地 【本社】三重県津市丸之内9-18
【名駅営業所】名古屋市中村区名駅三丁目15番1号(名古屋ダイヤビルディング2号館3階)
営業時間 9:30~18:00
定休日 水曜日
免許・許可 宅地建物取引業 国土交通大臣(15)第41号
建設業 国土交通大臣 許可(特-26)第23501号
一級建築士事務所 三重県知事登録第1-683号他

3つの売却方法

三交不動産は、次の売却方法を用意しています。

それぞれの特徴を紹介します。

買取システム

買取システムは、三交不動産が物件を買い取る売却方法です。買取システムのメリットは、スピーディーに売却できるので買い換えや住み替えなどの資金計画・引越し計画を立てやすい点です。仲介手数料がかからない点、新聞広告などに掲載されないので近隣の方に知られにくい点もメリットとして挙げられます。以上のほかでは、三交不動産が現金で買い取るのでローン特約がない点も見逃せません。売却完了まで必要な期間は最短で2週間です。

仲介システム

仲介システムは、三交不動産が売主と媒介契約を結び買主を探してくれる売却方法です。仲介システムのメリットは、売却価格・売却期間を相談して決められる点、市場価格に近い金額で売却できることが多い点(買取より高い金額)、販売活動を三交不動産が行ってくれる点などです。対するデメリットは、売却金額・売却時期が分からないので資金計画・引越し計画を立てにくい点、売却まで時間がかかる点、仲介手数料がかかる点などです。売却期間はケースにより異なりますが、最短で2カ月とされています。

売却保証システム

売却保証システムは、一定期間、仲介で販売活動を行い、売却できなかった場合は三交不動産があらかじめ決めておいた価格で買取してくれる売却方法です。買取金額より高い金額で売れる可能性がある点と売れなかった場合の売却価格・売却時期が明確になっている点がメリットです。買取システムより高値で売れる可能性があり、仲介システムより資金計画や引越し計画を立てやすい売却方法といえます。仲介手数料は、仲介で売却できた場合のみかかります。デメリットは、三交不動産の規定により売却保証システムを利用できない物件があることです。興味のある方は相談すると良いでしょう。

三交不動産は、以上の売却方法を用意しています。特徴が異なるので、不動産売却の目的などにあわせて選ぶことが重要です。

三交不動産の売却の流れ

三交不動産の不動産売却の流れは次の通りです。

買取システムの不動産売却は査定・買取価格の提示・売買代金の支払い・引き渡しの流れで進みます。査定は、現地調査・周辺事例等をもとに行います。買取価格は、仲介よりも安くなることが多いとされています。

仲介システムの不動産売却も査定から始まります。その後、三交不動産と売主間で媒介契約を締結し売り出し価格を決定します。売り出し価格が決まったら、三交不動産が売却活動を行います。具体的には、自社で管理している購入希望者へ情報提供、公式ホームページに情報掲載、折込物件チラシの配布、インターネット広告への掲載などを行います。これらの活動結果は、媒介契約で決めた内容に沿って報告されます。報告内容は、売却活動内容・問い合わせ件数・近隣物件の取引状況などです。売却活動を通して買主が見つかったら、条件を調整して売買契約を結びます。その後、売買代金の決済、物件の引き渡しなどを行い売却となります。

売却保証システムの不動産売却も査定から始まります。その後、査定価格をもとに販売価格と買取価格を決定し、三交不動産がと売却保証契約と専属媒介契約を結びます。ここからの流れは、仲介の売却活動と同じです。買主が見つかった場合は、そのまま売却を進めます。三交不動産が物件を買い取ることはありません。一定期間内に買主が見つからなかった場合は、最初に決めた買取価格で三交不動産が物件を買い取ります。

三交不動産の不動産売却は以上の流れで進みます。売却方法により、流れが異なる点に注意しましょう。詳しい内容を確認したい方は、三交不動産で相談してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

TOP

メインメニュー