費用

任意売却にかかる費用をリサーチしました。名古屋で住宅ローンが払えない人は必見です。

名古屋で任意売却する際にかかる費用は?

任意売却を名古屋でする際、債務者はいくら払うことになるのでしょうか。まずは不動産仲介料について説明します。

通常の不動産売却では、不動産会社へ仲介手数料を支払わなければなりませんが、任意売却では金融機関など債権者と業者が交渉することで、物件の売却価格から差し引いて支払われます。

なお、支払われる費用は宅建業法により「売買代金の3%+6万円(別途消費税)」と決まっています。

(例)2,000万円で売却できた場合の仲介手数料は、(2,000万円×3%+6万円)×消費税(5%)=693,000円です。

このため、債務者が業者へ支払う費用はありません。

また、行政書士にお願いする抵当権抹消費用や、差押えされられている滞納分の固定資産税・住民税の一定額、マンションだと修繕積立金や管理費の滞納している分を含めて、売却金をもとに債権者が支払います。

そのため任意売却によって債務者が実質的に負担する費用はないのです。

業者選びは慎重に

このように、仲介手数料や抵当権の抹消費用などを金融機関(債権者)が負担してもらうためには、債権者との交渉を事前にしっかり行うことが大前提となります。

交渉をせずに、あるいは契約などに不足があるまま任意売却を進めると、たとえ売買が成立したとしても仲介手数料や抹消費用などを債務者が実費で支払うことになる可能性もあります。

よほどの知識がない限り、任意売却をサポートしてくれる業者に依頼した方がベター。そして、任意売却の実績が豊富であり、名古屋の不動産事情に詳しいことが業者選びのポイントとなります。任意売却をしなければいけない理由や債務の残額、収入、保有している資産など、人それぞれ違います。あらゆるケースを熟知して対応できるノウハウが、業者には求められます。

また、少しでも高い売却額を得るためにも、名古屋の金融機関との交渉力があること、不動産ネットワークが名古屋で広いことなどを見極める必要があります。こうした点を踏まえつつ、業者選びは慎重に進めたいところです。