メリット

名古屋で任意売却を検討している人のために、競売と比較したメリットを深く掘り下げて解説しています。

任意売却のメリットとは

名古屋エリアにおける、任意売却のメリットを深く掘り下げてみましょう(基本的には一般的なケースとなります)。次の4点で有利であることがわかります。

残債務を減らす可能性が高い

任意売却は競売より高値で売却されることが多いため、返済にあてる額も多くなり、債務返済にも余裕が生まれます。

債務者に優位な条件で進められる

引越代など現金を残せる場合があること、残った借金を無理のない程度で分割払いができるといった、債務者の希望もかなえられます。

そのまま住み続ける可能性もある

レアなケースですが、親子間で売買することによって、任意売却後も自宅にそのまま住み続けることもできるのです。(子が結婚するまで親子一緒に暮らす家庭の多い、名古屋ならではの手段です)

手持ち金の持ち出しが一切ない

通常、不動産を売却する際支払わなければならない費用は債権者より支払われます。詳しくは、次のページで説明します。

このように、残債務を減らす可能性が高いこと、任意売却処理後は残債務の交渉ができることなどが、債務者にとって大きなメリットとなります。

任意売却と競売の違い

ここでは、名古屋における「任意売却」と「競売」の違いについて説明いたします。一般的には、下表の違いがあります。

  任意売却 競売
売却価格 市場価値に沿った価格 市場価値の50~70%ほどの価格
プライバシー 売却理由を伏せることができる 売却理由を公開される場合がある
引っ越し代 まかなえる まかなえない
現金が残る可能性 可能性あり 可能性ほとんど無し
残債務の交渉 交渉可能 交渉不可
退去日 事前交渉を行い決める 自身で決められず、裁判所が強制的に退去させる場合もある

このように、任意売却の方が債務者にとっていろいろメリットがあることがわかります。