不動産売却のプロ!名古屋の優良企業を徹底リサーチしました。

不動産売却パーフェクトナビ【名古屋版】 » 収益物件を売却するには

収益物件を売却するには

収益物件を売却するタイミングや、査定してもらう時のポイントなど、売却前に知っておきたい情報をまとめているページです。

収益物件を売却するタイミング

収益物件(不動産投資物件)を売却する最適なタイミングは、状況によって千差万別です。ただしどんな場合でも注意しておきたいのは、売却後にどういう方法で資産運用をしていくのか、ということ。

日本では今後インフレが見込まれていますから、銀行口座に寝かせているだけでは、相対的に資金が減っていってしまいます。もちろん、ただやみくもに資産運用すればいいというものでもありませんが、不動産をはじめ、状況に応じて柔軟に投資商材を選択できるような体制は整えておきたいところです。

収益物件(不動産投資物件)を売却するタイミングを詳しく見る>>

査定のポイント

収益物件の査定価格はほとんどの場合、収益還元法という方法で決められます。これは、1年あたりの賃料を、期待できる利回りで割って算出するというもの。一般的な戸建てを売却する際に使われる査定方法とは異なりますので注意してください。

売却の際は、こうした査定の根拠となる数式のほか、算出された数値が妥当かどうか、判断できる基準も持っておきたいところです。以下のページで詳しく解説していますので、行実がある人はぜひ参考にしてみてください。

査定のポイントについて詳しく見る>>

売却にかかる費用と税金

収益物件を売却する場合、仲介手数料や印紙代をはじめ、いくらかの経費がかかります。中でも知っておきたいのが、税金にかんすること。なぜなら、仲介手数料や印紙代等は規定のものですが、課税される税率やその税率が適用される条件などについて知っておくことで、節税対策を立てることができるからです。

以下のページでは、収益物件にかかる税金と、節税方法について紹介しています。特に節税方法については、知っているのと知っていないのとでは、大きな違いがありますので、ぜひチェックしてください。

売却にかかる費用と税金について詳しく見る>>

買取会社おすすめ3選

収益物件は仲介での売却が一般的ですが、物件に難があったり、緊急で資金が必要だったり、悠長に買い手がつくのを待っていられない場合もあります。

そんなときに頼りたいのが、不動産会社や専門会社による、不動産の直接買取。

ここでは、そんな買取を請け負っている、名古屋のおすすめ不動産会社を紹介します。

買取会社おすすめ3選について詳しく見る>>

名古屋で人気のある不動産とは?

名古屋市ではファミリー層を中心に、子育てにふさわしく治安の良い教育環境を求めるケースがみられます。なかでも小学校から大学まで教育機関が集まる地域や、一般的に治安が良いといわれている名古屋市内の東部については特に需要が高く、不動産価格も需要に応じて高い水準を保っています。

名古屋で人気のある不動産とは?について詳しく見る>>

絶対に避けたい家賃滞納のリスク

収益物件のオーナーにとって、空室リスクと同程度に注意しなければならないものが「家賃滞納」です。入居者の家賃滞納が続いてしまうと、訴訟や強制退去の際にかかる費用や未回収の賃料の問題など、さまざまなコストが負担になる恐れも。ここでは、入居者が家賃滞納を起こした際に起こりうるリスクについて詳しく紹介します。

絶対に避けたい家賃滞納のリスクについて詳しく見る>>

関連ページ

TOP

メインメニュー