不動産売却のプロ!名古屋の優良企業を徹底リサーチしました。

不動産売却パーフェクトナビ【名古屋版】 » 収益物件を売却するには » 名古屋で人気のある不動産とは?

名古屋で人気のある不動産とは?

名古屋エリアには、単身者からファミリー層者まで多くの不動産ニーズがあります。なかでもお子さんを抱えるファミリー層には、通勤と通学が両立できるエリアの不動産が人気。

ここでは、名古屋市内の中でも人気の高い不動産についてエリアの特徴や子育てにふさわしい学区を踏まえて紹介しています。

名古屋の特徴

名古屋市は愛知県の県庁所在地であり、日本第3位の都市として、さらに中部エリア最大の街として賑わいをみせています。

名古屋エリアは合計で16の区に分かれており、区ごとに違った特色を持っています。名古屋エリアに居住するファミリー層にとって、どの区に住むかはとても重要。学区によって子どもが通う学校の質が変わるだけでなく、将来の進路にも影響を及ぼす可能性があるためです。

中高一貫校やミッションスクール、名門校などさまざまな学校が存在することから、名古屋のファミリー層は他の県と比較しても、教育熱心な傾向にあると考えられるでしょう。

名古屋では学区が不動産の価値を左右する

名古屋市内では、上記のような理由から学区ごとに人気が分かれる傾向にあり、不動産の価値も人気に合わせて分かれています。

人気の学区は名古屋東部に集中

名古屋市内で人気の学区は、教育レベルが高く治安の良い東部エリアに集まっています。千種区や昭和区、瑞穂区などは地元の人にも人気で、名東区は全国から転勤族が集まる場所として知られています。

転勤などで名古屋にやってきたファミリー層にとって、治安の良さは必須の条件となります。各学校のレベルだけでなく、子どもが安心して通学できる学区ほど質の高い子どもが集まるため、賃貸・分譲を問わず不動産にも注目が集まります。

居住する場所によって子どもの通学環境が変わるだけでなく、将来の進路にも影響する可能性があるため、落ち着きがありハイクラスの子どもが集まる学区に人気が集中するようですね。

名古屋は西と東で評価が二分される傾向にありますが、東部は比較的どこも安心して子育てができる環境ととらえられているようです。特に転勤族が多く居住する名東区では、入学後に転校する子どもも少なくないため、転校生が注目を集めるといった心配が少ないというメリットも。

昭和区内では西部が比較的家賃の低いエリアとして認められており、下町のような雰囲気を気に入って居住する方も多くみられます。治安も良く、市街地との行き来もスムーズであることから、ここで土地探しや家探しをするのもおすすめですよ。

名古屋の人気学区はココ!

城山中学校学区

千種区の城山中学校学区には、田代小学校や見付小学校から生徒が集まります。このエリアには古くからの商店街や住宅地、若者向けの店が並ぶ四谷通を抱えており、子どもから大人までが住みやすい環境が整っています。

小学校と中学校の合同の行事も行われており、学生が活発に活動している印象。また、城山中学校では体育会系の部活動や音楽部が優秀な成績をあげており、勉強意外の行事にも力を入れています。

近隣には愛知学院大学や名古屋大付属高校、名古屋大学などもあり、お子さん自身が自分の進路を考えていくうえでも、刺激をもらえる環境となっています。

冨士中学校学区

冨士中学校学区は愛知県庁の隣に位置する学区で、3つの小学校から生徒が集まります。交通量の多い道路やオフィスが多く立ち並ぶ場所にありますが、学区内には都市公園が整備され、都会的な印象も。

周辺環境としては、地区の北側はいわゆる高級住宅地であり、南側はオフィス街となっています。都会的な環境の中で洗練されていくことができます。

冨士中学校はノーベル賞を受賞した著名人の出身校としても知られ、授業と部活動の両方に取り組むことができます。公立の中学校であるため勉強は子ども一人一人に委ねられますが、指導が行き届いており難関校への進学率も高いといわれています。

汐路中学校学区

汐路中学校学区は、近隣にある2つの小学校から生徒が集まります。学区は東西に拡がっており、古くからの住宅地や商店街のほかに桜の名所である山崎川が近くを流れ、趣のある空間となっています。

汐路中学校は学力レベルの高い学校として知られており、部活動も吹奏楽部や体育会系の部活動を中心に力を入れている印象。進学率が高いことから、自学自習に励む学生が多く、自発的に塾に通ったり学校に残って勉強したりするケースも多いようです。

校舎は古めですが、地下鉄の駅や住宅地から近いため、アクセスは良好。学区内も自転車で行き来ができるので、通学に問題はありません。運動部の数は多くありませんが、いわゆる文武両道の学校として知られているため、学生の質も高い傾向にあります。

物件の価値をよく理解してくれる地域密着型の不動産会社を選ぶようにしよう

名古屋市内にはオフィス街や工業地域、古くから続く商店街や住宅地などさまざまな環境が整備されています。

子どもの通学や進学を考えたとき、必然的に進学率の高い学区を選ぶことになりますが、はじめて名古屋に住む方には少し戸惑ってしまうかもしれません。

不動産物件を選ぶ際には、物件の価値とそれぞれの地域の特色を理解した、地域密着型の不動産会社を選ぶようにしましょう。

悩みや不安などを相談しながら、ライフスタイルに合った物件を探してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

TOP

メインメニュー