不動産売却のプロ!名古屋の優良企業を徹底リサーチしました。

不動産売却パーフェクトナビ【名古屋版】 » 不動産売却会社カタログ@名古屋(50音順) » さくら不動産

公開日: |最終更新日時:

さくら不動産

名古屋で不動産売却をサポートしてくれるさくら不動産について調べました。売却事例やサービスの特徴も紹介します。

さくら不動産の特徴

さくら不動産の公式ページキャプチャ

引用元:さくら不動産
(https://www.kk-sakura.com/)

さくら不動産の査定は、ネットで簡単に申込みができる簡易査定(机上査定)と、スタッフが現地で調査して算出する現地査定があります(いずれも無料)。

売却は、不動産会社自身が物件を買い取る「買取サービス」と、買主を探して契約のお手伝いをしてくれる「仲介サービス」の2パターン。仲介の場合は、自社広告やチラシ、新聞折込広告のほか、地下鉄、名鉄、市バスなど公共交通などでも売却活動を展開します。もちろん、不動産ネットワーク(レインズ)を利用して全国規模の広報活動も行っています。

売却に関する強み

基本的には緑区の物件を中心とした営業活動を行っています。売却物件の場合は、緑区近郊の天白区、南区、熱田区、それに豊明市、東海市、大府市、知多半島全域にある約550社の不動産会社へ物件資料を配布するなど、積極的な売却活動も行っています。

このほか、購入希望者に対し携帯メールへ物件情報を紹介するメールサービスや、オープンハウスにも対応。売主の都合にあわせた売却活動を、柔軟に対応してくれます。

不動産売却事例

口コミ・評判

動画で不動産売却について解説「さくらチャンネル」

さくら不動産の特徴として挙げられるのが、公式ホ―ムページ「さくらチャンネル」で「不動産売買Q&A」などを公開している点です。

「さくらチャンネル」とは、さくら不動産が制作している動画集のこと。不動産売却Q&Aのほか、「さくら不動産ご案内」「緑区のご案内」「スタッフのご紹介」「安心の住まい計画」などのチャンネルがあります。「不動産Q&A」内で公開されているコンテンツは、「Q&A買う」「Q&A建てる」「Q&A売る」に分類されています。

「Q&A売る」に分類されている動画は、全部で10本です。早期売却の可否や仲介で売却するときの流れ、物件が売れないときの追加料金の有無、査定価格と売り出し価格の関係、住宅ローンが残っている場合の売却方法、不動産売却時に必要になる諸費用などについて解説されています。参考に、いくつかの動画の内容を紹介します。

早期売却の可否については、「さくら不動産には500組以上の不動産購入希望者が登録されていることとこれらの方に情報を提供するので条件が合致すれば早期売却が可能」と説明されています。

物件が売れないときの追加料金の有無については、「さくら不動産が受け取るのは仲介手数料であることと仲介手数料は成功報酬なので物件が売れない場合は費用が掛からない(追加費用は掛からない)」ことが説明されています。

査定価格と売り出し価格の関係については、「査定価格はあくまでも売却価格の目安なので、実際の売り出し価格は売主の事情や希望を踏まえて決定する」ことが説明されています。

さくら不動産の取引実績

ちなみに、さくら不動産は、緑区内で3,000件以上の取引実績(2021年9月調査時点)があるので、現在の相場に応じた査定価格を算出できると考えられます。適正価格で売却したい方は、査定価格を基準に考えるとよいでしょう。

「さくらチャンネル」の不動産売買Q&Aでは以上の説明などがなされています。不動産売却を検討している方は、これらの動画を参考にするとよいかもしれません。

さくら不動産の査定の流れ

さくら不動産の査定は、簡易査定・買取査定・仲介査定に分かれます。

簡易査定

簡易査定とは、近隣の売り出し事例や過去の成約事例、公示価格などをもとに行う査定です。物件を確認せずに机上で行う査定なので机上査定と呼ばれることもあります。さくら不動産は、自社の経験等をもとに簡易査定を行っています。申し込みは公式ホームページから行えます。

買取査定

買取査定は、さくら不動産に物件を買い取ってもらうために行う査定です。査定は現地の状況、過去の成約事例、公示価格などをもとに行われます。査定後の流れは、査定価格と買取価格の提示、売主とさくら不動産の間で契約締結、代金の受取と物件の引き渡しなどの流れで進みます。買取価格は、リフォーム費用や解体費用、登記費用、測量費用などを除いた金額なので、仲介の査定価格より低くなることが一般的です。この点はデメリットですが、買取にはすぐに現金化できるなどのメリットがあります。さくら不動産への買取申し込みから代金決済までに必要な期間は最短で5日間です。

仲介査定

仲介査定は、仲介で売り出すために行う査定です。買取査定と同じく、現地の状況、過去の成約事例、公示価格などをもとに査定価格を算出します。査定後の流れは、査定価格の提示、売り出し価格の決定、さくら不動産と媒介契約の締結、販売活動、買主と買主の売買契約、売買代金の受取(売買契約約1カ月後)、所有権移転などの流れで進みます。仲介のメリットは相場に近い価格で売れること、デメリットは売れるタイミングが分からないことです。売買が成立したらさくら不動産に仲介手数料を払わなければいけない点も押さえておきたいポイントです。

さくら不動産では、以上の流れで査定が進みます。それぞれ、メリット・デメリットがあるので、詳しい内容を確認してから査定方法を選択すると良いでしょう。

会社概要

会社名 株式会社さくら不動産
所在地 【滝ノ水本社】名古屋市緑区滝ノ水三丁目101番地
【徳重支店】名古屋市緑区鶴が沢一丁目2506番地1
営業時間 9:30~20:30
定休日 年中無休(年末年始は除く)
電話番号 052-899-2580
免許・許可 愛知県知事免許(4)第19200号

名古屋の不動産売却会社6選

当サイトで紹介している不動産売却会社の中から、参考価格の記載と買取保証制度に対応した6社をピックアップ。※2021年10月時点での調査内容です。

業者名 ホームプランナー 三交不動産 石原住宅 住友不動産販売 住友林業ホーム ナカジツ
査定スピード 最短当日 要問合せ 要問合せ 要問合せ 要問合せ 要問合せ
一戸建て
マンション
現地調査土地
収益用不動産 要問合せ 要問合せ 要問合せ 要問合せ 要問合せ
事業用不動産 要問合せ 要問合せ 要問合せ 要問合せ 要問合せ
公式サイト

公式サイトを見る

公式サイトを見る

公式サイトを見る

公式サイトを見る

公式サイトを見る

公式サイトを見る

関連ページ

TOP

メインメニュー